自動車用ガンドリル機

説明

自動車メーカーは、生産と精度の要求を満たすために大量の深穴掘削機を使用しています。

ガンドリルシステムは、一定の生産を行うために必要な信頼性を備えて設計されており、メーカー向けの自動化ソリューションと組み合わせて使用されることがよくあります。

ガンドリルは、性能を向上させるための重要な機能をコスト効率よく生産するための高度な製造技術のひとつです。穴あけは、自動車製造において重要な役割を果たしている。トランスミッションシャフト、エンジンブロック、エアバッグの推進室、カムシャフトなどのエンジン内部の部品に、ガンドリルを使って何百もの穴を開けていきます。

自動車部品の生産ラインでは、コンベアベルトがノンストップで稼働しており、効率的なツールが収益性の鍵を握っています。ガンドリリングは、自動車、金型、タービン産業における基本的かつ一般的に実行される材料除去プロセスの1つであり、ますます複雑になり、要求が厳しくなり、前例のない成長を経験しています。経済的に穴を生産し、プロセスの信頼性を求める需要が大きく増加しているにもかかわらず、研削プロセスのパラメータ、およびプロセスのメカニズムは、ドリル生産のための多くの方法をもたらし、その結果、プロセスの性能に大きなばらつきが生じています。

自動車部品

  • モールド(冷却水用コアピン
  • シャフト関連(中空穴
  • ピストンコンロッド(潤滑孔
  • 燃料噴射ノズル関連(下半身
  • コモンレール。
  • 入力軸(AT)

製品詳細データ - 当社のガンドリルマシンによる

  • コアピン ?2深さ450? 1.5~15深さ500?
  • スリーブピン?3~15深さ300?