あらゆる分野の完成品に穴を開ける。


また、外径加工を行ったワークの深穴加工にも使用できます。
外径加工を施したワークに深穴加工を行う際には、チャッキング技術が非常に重要になります。

当社は20年以上の深穴加工の受託加工をベースにしたチャッキングのノウハウが豊富にありますので、外径を傷めることなく、お客様の求める精度にお応えすることができます。

外径のあるワークへの深穴加工のメリット
お客様にとって、外径のあるワークの深穴加工は、以下のようなメリットがあります。
デザインの自由度が高い。


深穴加工による工程変更や設計変更は必要ありません。
外径加工は、すでに深穴加工されているワークに外径加工を行う場合よりも簡単に行うことができます。

チャック等が容易で、加工精度を満たしやすい。
中空部品の製作など、製品(自動車部品、医療用具など)の軽量化を図ることができます。

薄い壁の深い穴の訓練の適用。


典型的には、薄肉パイプの加工は、薄板を圧延したものや、加熱冷却して圧延した加工方法で作られた電気抵抗溶接パイプで発生し、切削加工では発生しない。
以下のような場合には、この薄肉加工を利用することができます。外形形状のワークに薄い深穴が必要な場合。
偏心穴や角材用の薄い深穴が必要な場合。
電気抵抗溶接管などの継ぎ目が適さない場合や、材料の関係で圧延などの加工方法が困難な場合。

従来の掘削に逆行する極薄の深穴掘削。

いつの日になるか 見本出し 展示会などで上の写真のように、来場者にパイプと間違われることもありますが、ガンドリルで深堀りしたしっかりとした素材です。

  • 0.5mm、0.25mmの薄肉加工が可能
  • 最小肉厚:0.15mm
極薄の深穴加工

他の切削技術との比較


小径深穴加工
はマシニングセンタでも不可能ではない。それでも、L/D(加工穴の深さ/加工径)や加工精度はガンドリル機には遠く及ばない。

また、小径放電加工は、加工時間が長い、内面粗さがないなどの問題があります。さらに、小径(3mm以下)に特化したガンドリル機を製造しているメーカーは少なく、当社はこの分野では最高の技術力を持っています。

  HI-TAKのガンドリルマシンです。

  • より多くのL/D
  • より正確な処理
  • 加工時間の短縮
放電加工
?CNC加工放電加工ハイタックガンドリルマシン
穴径(mm)???
部品長さ(L/D)(50)?(100)? (200 max.400)
処理時間?×?
穴径精度???
表面処理?×?

お客様がHI-TAKを選ぶ理由